美大は就職を考えるとオススメできない。大卒信者のひろゆきが語る美大のススメ

スポンサードリンク
この記事は約3分で読めます。
発信者
発信者

西村 博之(にしむら ひろゆき、1976年11月16日 – )は、日本実業家匿名掲示板2ちゃんねる」開設者かつ初代管理人、動画投稿サービス「ニコニコ動画」発起人。英語圏最大の匿名掲示板「4chan」管理人[3]。東京プラス代表取締役、未来検索ブラジル取締役。フランスパリ在住。

大学は迷っているなら行っとけ ―
ひろゆきさんは常にこの意見を発信しています。

しかし、美大の話になると「美大は止めとけ」と急に手のひらを返しました。

同じ大卒なのに、なぜ美大はオススメできないのか、
2ch創始者ひろゆきの発言を詳しく深堀りしてみましょう。

スポンサードリンク

美大の就職率はとても低い

まずは美大の就職率を確認してみましょう。

なんと就職率は驚きの47%という結果になっています。
大卒の就職率は98%を記録しているにもかかわらず、この数字は驚異的です。

【参考】大卒就職率最高、20年卒98% 21年卒はコロナが影響へ

就職を希望しない「拗らせ学生」が多い

美大へ行くと、そもそも就職を希望しない
「拗らせ学生」になってしまうとひろゆきさんは続けます。

30歳を超えてなお役者を目指す人間がいるように、
芸能、芸術という世界は、現代社会とは切り離された崇高な世界です。

アートという評価が曖昧なものに魅入られた結果、
就職し働くという現実が受け入れられなくなるのかもしれませんね。

就職しても、良い就職先はない

そして追い打ちをかけるように、美大生に良い就職先というのはありません。

というのも、美大で身につけるスキルのなかに、
一般社会で役に立つスキルはほとんどないということが大きいでしょう。

企業としても、せっかく採用するのであれば、
最初からプログラミングなどが出来る学生であったり、
経営を知っている、財務諸表を読める学生を採用したいという思惑があります。

新卒採用はコストがかかるため、
入社後の教育をある程度省略したいと考えるのは企業として当然でしょう。

そんなニーズがあるため、
わざわざ1から教育する必要がある美大生を採用するメリットは皆無です。

実質、高卒程度の実力しかない美大生は、就職においては厳しいと言わざるを得ません。

就職する気なら美大は素直に止めた方が良い

学生時代のモラトリアムだけが目的で美大に行くのは止めた方が良いでしょう。
間違いなく後悔することになると思います。

それでもなお、美大に進学したいのであれば、
一生貧乏でも良いと覚悟を決めて行く必要があるでしょう。

厳しい言い方になりますが、現実を知っておくことは大切です。

この記事で扱ったひろゆきさんのチャンネルでは、
時事問題を含め、様々な役立つ知識を学ぶことが出来ます。

元動画もぜひご覧ください!

この記事の内容は30:42

コメント

タイトルとURLをコピーしました