上司と会話の話題作りのために、趣味を合わせる必要なんてない/ひろゆき

スポンサードリンク
この記事は約3分で読めます。
発信者
発信者

西村 博之(にしむら ひろゆき、1976年11月16日 – )は、日本実業家匿名掲示板2ちゃんねる」開設者かつ初代管理人、動画投稿サービス「ニコニコ動画」発起人。英語圏最大の匿名掲示板「4chan」管理人[3]。東京プラス代表取締役、未来検索ブラジル取締役。フランスパリ在住。

社会人になって、部下を悩ませる上司との会話。
話題作りのために趣味を合わせたほうが良いのか迷いますよね。

嫌われると会社内での立場も気になりますし、出来ることなら好かれたいのが本心です。

そんな上司との話題に困る社会人に向けて、
ひろゆきさんが自身のチャンネルにて持論を展開してくれました。

スポンサードリンク

上司と会話の話題ぐらいなら、趣味を合わせる必要はないよね

上司と会話の話題作りをするために、
趣味を合わせる必要は全くないとひろゆきさんは語ります。

自分がやりたくないことを、話題作りのためにやる癖がつく

その理由として、自分がやりたくないことおを、話題作りのためにやる癖がつき、
今後の人生でずっとやるハメになるという点を挙げていました。

確かに上司からすると、同じ趣味をやってくれる部下は、
心遣いも伝わり、可愛がりたくなる心理が働くかもしれません。

でも、それにより小さな成功体験を覚えてしまうと、
どんな上司が相手になったときも、同じように趣味を合わせてしまうようになります。

もし、上司の趣味がパチンコや風俗などのお金がかかる趣味だったら、
自分の興味がないことにお金をつぎ込むことになってしまい、
結果的に自分の趣味が全くできなくなり、人生がつまらなくなるかもしれません。

仕事というのは、自分の人生を支えるための手段でしかありません。
手段のために、自分の楽しさを犠牲にするのは間違ってるのではないでしょうか。

どんな相手にも通用するコミュニケーションスキルを身に付けた方が良い

上司は仕事をしていく上で変わります。

人事異動がほとんどない、社員数の少ない小さな会社だったとしても、
上司が辞めるかもしれませんし、自分が転職するかもしれません。

そういった事情を考えると、
上司が変わるたび、趣味からアプローチを掛けていくのはとても非効率です。

どうせなら、どんな上司にも通用するコミュニケーションスキルを身に付けましょう。
場数が足りないのなら、そこにお金をかけて場数を踏みましょう。

コミュニケーションスキルというのは、どんな場所でも役に立つスキルなので、
一度身に付けると、今後の人生を必ず良くしてくれますよ!

友達や彼女と趣味が全く同じ人なんて、ほとんど居ない

身の回りの友達や彼女をイメージしてみましょう。
冷静に考えると、趣味ってそんなに一致してないのではないでしょうか?

対人関係は、趣味が一緒という点よりも、考え方や感性が似ていることが重要です。

上司に対してもそういった面から、自分と似ている点などにフォーカスして、
アプローチをかけることを心掛けた方が良いかもしれませんね。

上司と会話の話題は、趣味が違っても作れる!

上司と会話の話題作りのために、趣味を合わせる必要はないという話でした。

趣味を合わせると、確かに可愛がられやすくなります。

しかし、それは本質的ではありませんし、
一生そんなことをやり続けるのはバカのやることです。

せっかくなら、その上司を自分の経験の一つとして捉え、
趣味以外のアプローチで打ち解けることにチャレンジしてみましょう。

コミュニケーションスキルは一度身に付けると、一生モノですよ!

この記事で扱ったひろゆきさんのチャンネルでは、
時事問題を含め、様々な役立つ知識を学ぶことが出来ます。

元動画もぜひご覧ください!

【ひろゆき】肩凝りのマウス使いはアル中と同じ。 Mikkeller IPAを呑みながら。2020/10/3 S23

この記事の内容は1:07:17

コメント

タイトルとURLをコピーしました