ポジティブ思考のカギは『体力』にある。/ホリエモン&NewsPicks

スポンサードリンク
この記事は約3分で読めます。
発信者
発信者

堀江 貴文(ほりえ たかふみ、1972年10月29日 – )は、日本実業家著作家投資家タレントYouTuber。sns media&consulting株式会社ファウンダーインターステラテクノロジズ株式会社ファウンダー、株式会社7gogo取締役、日本ゴルフ改革会議委員、Jリーグアドバイザー、大阪府の特別顧問(国際博覧会(万博)担当)。元ライブドア代表取締役社長CEO

ポジティブ思考を持つと人生が豊かになることが分かっています。
しかし、そうはいっても中々ポジティブ思考を持つのは難しいですよね。

今回は、ポジティブ思考を持つ人の特徴について、
ホリエモンが自身のチャンネルにて持論を展開してくれました。

スポンサードリンク

ポジティブ思考のカギは『体力』にある

ポジティブ思考のカギは『体力』にあるとホリエモンは推察しています。

身体が弱いと、ネガティブ思考になりやすい

特に、身体の健康状態が重要な要素だと言えるでしょう。

身体が弱いとちょっとしたことで風邪を引いたり、
ここぞというシーンで踏ん張りが効かずに失敗するシーンが増えてしまいます。

そういったことの積み重ねが、
結果的にネガティブ思考を引き起こしてしまうと考えられます。

言い換えれば『体力』がないから、ネガティブ思考に陥ってると言えるでしょう。

健康になるタイミングでしていたことにハマりやすい

身体が弱い人も改善するために努力します。
そして、色々と試していくうちに、色々なものにハマっていく傾向があります。

基本的に人間の健康というのは、
バイオリズムで良くなったり悪くなったりを繰り返しています
言い換えれば、死なない限り健康状態は絶対に一度は良くなるものです。

その結果、健康状態が悪くなった時に試したものが絶対に効くことで、
その効いたものを好きになり、ハマってしまうという現象が起こってしまいます。

ネガティブ思考な人ほど、
宗教などのスピリチュアルなものにハマりやすいということですね。

身体が強いと、性格にも良い影響を与える

その反面、身体が強い人は、健康が理由で失敗することはあまりありません。
失敗が少ないということは、それだけ自信にもつながります。

だからこそ、身体が強いことは性格にも良い影響を与え、
結果的にポジティブ思考を持った性格になりやすいと言えるでしょう。

ポジティブ思考を持つために、まずは『体力』を鍛えよう!

ポジティブ思考を持つためには、身体の強さが大切という話でした。

『体力』を付けることは、
自身の健康を守るだけでなく、考え方にまで良い影響を及ぼします。

ネガティブ思考に悩んでいる人は、
まず『体力づくり』から取り組んでみてはいかがでしょうか

この記事で扱ったホリエモンのチャンネルでは、
時事問題を含め、様々な役立つ知識を学ぶことが出来ます。

元動画もぜひご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました