資格マニアはアホ。資格取得しても貧乏な人生は変わりません/キミアキ先生

スポンサードリンク
この記事は約3分で読めます。
発信者
発信者

田中 公明(タナカ キミアキ)は、日本の経営コンサルタント。所有資格は、日商簿記検定1級・全経簿記検定上級・全商簿記検定1級で簿記検定3冠王、税理士 簿記論・財務諸表論で簿記4冠&簿財番長。自身のYouTubeチャンネルは登録者10万人を超えている。妻は「あおば会計税理士法人」代表税理士の田中朝代。

資格取得をして独立開業するのは危険です。

今回は資格と収入の関係について
税理士の肩書を持つキミアキ先生が自身のチャンネルにて教えてくれました。

スポンサードリンク

資格マニアが陥りがちな負の連鎖について

資格マニアが取得にチャレンジする資格として、
よく候補にあがる『士業』について確認してみましょう

『士業』の資格は、11種類

『士業』に分類される資格は次の11種類です。

・弁護士
・司法書士
・行政書士
・土地家屋調査士
・弁理士
・海事代理士
・税理士
・社労士
・中小企業診断士
・宅建士
・公認会計士

どれも名前を聞いたことがあるような、難関資格ばかりですね。
だからこそ、資格マニアは魅了されてしまうのかもしれません。

なまじ独立できる資格だから、独立開業してしまう

これらの資格は取得すれば、独立開業することができます。
なぜなら、代行業としてそれだけで仕事が出来るからです。

会社に所属して働くことに疲れた人が
資格取得を人生逆転の手段として志す傾向があります。

個人事業主として開業すると、貧乏に陥りやすい

しかし、それだけの理由で資格に挑戦し独立開業することは危険です。

なぜなら、独立開業すると、ただの個人商店と同じだからです。
個人事業主は自分一人しかマンパワーがないため財務基盤が弱くなってしまいます。

企業体とは、人材のことを指しているという格言があるように、
商売をしていくうえで必要なのは人間の力です。

それを個人事業主として戦う選択をしてしまうことにより、
結果的に負け戦となってしまい、資格貧乏になることが多いと分析しています。

資格マニアが稼げるようになりたいなら『宅建士』が狙い目

稼げる資格について考えてみましょう。

不動産が圧倒的に稼げる

士業の中では、圧倒的に『宅建士』がオススメです。

なぜなら、宅建士の場合は不動産会社を立ち上げることになり、
チームを組んで戦うことになるからです。

さらに、元々不動産業界は収入が高いという一面もあり。
大きな案件が決まれば一気に億万長者のようになれる可能性があります。

2流資格のように思われがちですが、
稼ぐという面からみると、意外と狙い目の資格だと言えるでしょう。

資格マニアは、その後のキャリアを考えて資格取得しよう

資格取得を志すにあたり、狙う資格が大切という話でした。

せっかく難関資格にチャレンジするのであれば、
その後のキャリアが明るい資格を狙うことが大切です。

努力を無駄にしないためにも、
『宅建士』などの先が見通せる資格にチャレンジしましょう!

この記事で扱ったキミアキ先生のチャンネルでは、
ビジネスに役立つ様々な役立つ知識を学ぶことが出来ます。

元動画もぜひご覧ください!

資格を取ったら貧乏に★事業者だから格差あるわな

コメント

タイトルとURLをコピーしました