【部下の𠮟り方】嫌われずに効果的なマネジメントをする方法

スポンサードリンク
この記事は約3分で読めます。

社会人として経験を積み、年数が経ってくると部下が出来てきます。そうなってくると避けて通れないのは、部下のマネジメントですよね。あまりに優しくしすぎてしまうと、部下から舐められるようになってしまいますし、厳しく接しすぎると嫌われてしまうため、シビアに接する必要があります。

「叱る」ということは特に難しく、頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

今回は、その「叱る」という点にフォーカスをあてて、部下の効果的なマネジメント方法についてまとめました。

スポンサードリンク

部下を叱る前に・・・

大前提として、どんな人にも絶対に通用するマネジメントというものは存在しません。人によってある程度使い分ける必要があるでしょう。ここを見誤ってしまうと効果的なマネジメントをすることは不可能となりますので、よく確認しておきましょう。

相手の知能レベルに合わせて対応する

まずは相手の知能レベルを正しく把握することが大切です。なぜなら、言葉で言って伝わる層と全く伝わらない層がいるからです。部下本人の頭が良いのならば、論理的に説明すれば理解してくれますが、そうでなければ別の手段を考える必要があります。

普段のコミュニケーションのなかで、部下本人の頭の良さをある程度把握しておき、適切なマネジメントが出来るような土台作りに努めましょう。

バカ相手には「声を荒げる」これでOK

この記事では、論理的思考が出来る「頭の良い人」向けのマネジメントを記載しています。もし仮にバカ相手のマネジメントで悩んでいるのであれば、一番下まで読む必要はありません。

バカ相手のマネジメントは、犬や猫を躾けるように「声を荒げる」これだけで十分です。

部下を叱る目的を明確にしよう

部下を叱る必要に迫られたときに、まずは「なぜ怒るのか?」というところを明確にする必要があります。

本人が気付いてない「ミス」に対して叱ろう

ここで意識しなければいけないことは、本人が気付いていることに声を荒げて叱るという行為は無意味ということです。なぜなら、ミスした本人は既に反省しているため、それについて叱っても既に自覚しているため、成長が見込めないからです。

叱る際は、本人が気付いてない点を指摘し、気づかせることが大切です。本人の気付かなかったところを自覚させることにより、知見を広げることで再発防止を図ることを目的としましょう。

効果的なマネジメントに繋げる叱り方

部下に叱る目的を定めたら、あとは部下が自ら努力するような環境を整えましょう。

責任を増やし、競争構造を作る

その手法はいくつかありますが、そのなかでも効果的なのは「競争構造」を作るということです。なぜなら、部下のミスの大半はどんな理由があれど、「気の緩み」が原因で発生していることがほとんどです。

その「気の緩み」というのは、無責任によって引き起こされることが多いため、責任を重くすることによって、本人の自覚を促し、責任感を向上させるというのが効果的となるでしょう。

オススメなのは、「成果報酬」型にすることで、自分のミスが自分の収入に直結するという状況を作り出すことです。そうすれば、ミスするのを防止するために本気で本人が考えるため、自然とミスが少ない環境を作り出せるようになるでしょう。

部下を叱る際の注意点

部下を叱る際には注意点がいくつかあります。

クドクドと、長い説教をするのはNG

部下に対し、クドクドと長い説教をするのはやめましょう。

なぜなら、長い時間説教になると、論点がズレて感情論などにまとまってしまうことが多く非効率ですし、怒られている本人の集中力も低下し、全く身にならない説教となってしまうからです。

叱る際には事前にある程度内容を整理し、端的に改善点を伝えるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました