20代で「年収1000万円以上稼げるビジネス」7選

スポンサードリンク
この記事は約5分で読めます。

多くの社会人の目標として設定されることが多い年収1000万円という壁ですが、残念ながらほとんどの企業ではそれを達成することはできません。

どんな大企業・・・たとえトヨタに入社したとしても難しいでしょう。なぜなら、日本の大企業は年功序列が色濃く残っていて、入社時点で年収の推移が決定しているからです。どれだけ出世が早かったとしても40代ぐらいにならなければ年収1000万円は達成できないでしょう。

若くして年収1000万円を突破するためには、自分で事業を起こし、ビジネスの世界で成り上がるしか方法はありません。そして、若い世代は手持ちのお金が少ないことが多く、出来る商売は限られています。

そんな条件下におかれた若い世代が年収1000万円を突破するためには、正しいビジネスを選んで正しい努力をしなければ稼ぐことは難しいでしょう。

この記事では、そんな若年層が取り組むべきビジネスを7つ抜粋しました。

スポンサードリンク

20代で「年収1000万円を稼げるビジネス」7選

20代で年収1000万円を稼ぎたければ次のビジネスしか選択肢はありません。

情報商材

最もポピュラーかつ、多くの人が取り組んでいるのがこの「情報商材」です。

これは、自分の持っている知識を教えることで対価を得るというビジネスで、元手が全く要らないのが魅力です。必要なのは自分の知識を分かりやすく文字にまとめることだけ。あとはその知識を知りたい人が購入しやすいようにフォーマットを整えればOKです。

自分の知識で対価を得るなんておかしい!と考える人もいるかもしれませんが、冷静に考えてみるとスポーツジムのトレーナーですらアルバイトです。それに価値を感じて毎月1万円以上のお金を払う人がいるため、それを個人で獲得すればいいという考え方になります。

もちろん会社の看板などのネームバリューがないため最初は難しいのですが、一度軌道にのれば、自分自身が商品となって他の商売にも活かしやすくなるため、とてもビジネスに活かしやすい環境が整います。

もし興味があれば、まずはSNS運用からでも初めてみてはいかがでしょうか。

代理営業

代理営業というのも有力な選択肢です。代理営業というと分かりづらいかもしれませんが、要は「代理店になる」ということです。

これは、身近なところだと「携帯ショップ」などがわかりやすいかもしれませんね。

商品開発は大きな会社にまかせ、その会社が売りたいものを代わりに売ることで、その対価を得るという方式は、個人の営業力だけがモノをいうため、本人の実力に大きく左右されますが、その分成功したときのリターンが大きくなります。

もし始めたければアントレなどのフランチャイズ募集サイトからでも気軽に始めることができるので、気になった方は調べてみてはいかがでしょうか。

受託

企業のWebサイト制作などを請負う受託業務も有力な選択肢となります。

というのも、各企業はWebサイト制作やサイト運営などに数十万円~数百万円規模の予算を割いていることが多いため、そういった企業から仕事を請負うことができれば、一気に大きな利益につながるからです。

プログラミングなどの知識に加え、SEO対策などを熟知している必要がありますが、そういった技術や知識さえあれば、誰でも挑戦が出来るというのが魅力ですね。

今ではランサーズなどで仕事を請負うことも容易になってきているので、気になればそういったところから足がかりに初めて見るのがオススメです。

※ただし、ランサーズなどのクラウドソージングは単価が安いため、実績を積んだら直接受注にステップアップしていく必要があります。

人材紹介

そして人材紹介というのも有力な選択肢になります。これは「エージェント」などの転職支援サービスのことを指しています。

転職支援サービスというのは、1人を転職させると、その転職先から年収の30%などといった金額を受け取れる契約でサービスを行っています。そのため、1人当たりの利益率がとても高いため、軌道に乗ってしまえば簡単に年収1000万円を突破できるというのが魅力です。

身近なところだとリクナビなどでエージェントを利用したことがある人も多いのではないでしょうか。ああいったビジネスを提供する側になれれば、簡単に稼げるようになりますよ。

アフィリエイト

アフィリエイトというのも有力な選択肢になります。

アフィリエイトというのは、自分の作ったブログなどのWebサイトでAmazonなどの商品を紹介し、それが売れたら商品代金の数%を受け取るというビジネスです。

このビジネスの魅力は、自分でブログを始めればいいだけなので、初期費用がほとんどかかりません。極端な話、アメブロなどのブログサービスでも十分稼げるというのが魅力ですね。もちろん物を売るということは難しいことですが、自分の文章力だけで年収1000万円を目指せるというのは夢がある話でいいですよね。

アフィリエイトはまじめに取り組めばSEOなどの知識もつき、Webコンサルタントなどの道も見えてくるので、とりあえずやってみるというのもオススメですよ。

夜職

夜職というのは、いわゆる風俗業のことを指します。当然稼げますが、それなりに失う代償も大きいのであまりオススメはできません。

FX

FXはレバレッジをかけることができ、自分の持っているお金以上のお金を動かすことができるので、儲けも大きいですが、もちろん損する可能性も高くなっています。

99%の人は損するとも言われているため、あまりオススメではありません。

20代で「年収1000万円を稼げるビジネス」まとめ

20代で年収1000万円以上を稼ぎ出す可能性のあるビジネスについてでした。どのビジネスも初期費用はほとんどかからないものばかりなので、「とりあえずやってみる」というのが出来るのが魅力ですね。

もちろん成功する確率は低く、難しいチャレンジではありますが、チャレンジしないことには結果もわからないため、とりあえずやってみるということを強くオススメします。

どの事業を起こすにしろ、知名度というものはあった方がビジネスに関しては有利に働くことが多いため、SNS運用などを始め、フォロワーを増やす取り組みをしてみるのがオススメです。

その取り組みのなかで、自分の求心力なども客観的に知ることができるため、そこから改善をしていくなり、諦めるなり、自分の進退を考える良い材料にもなりますよ。

いずれにしても行動を起こさなければなにもわかりませんし、現状はなにも変わりません。まずはなんでもいいので行動を起こしてみましょう。

動画で解説もしています!

この記事の内容はYouTube動画でも解説しています。もし興味があればそちらもご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました