安部総理が辞任!3度目の総理大臣への挑戦はありえるのか?ひろゆきが解説

スポンサードリンク
この記事は約3分で読めます。
発信者
発信者

西村 博之(にしむら ひろゆき、1976年11月16日 – )は、日本実業家匿名掲示板2ちゃんねる」開設者かつ初代管理人、動画投稿サービス「ニコニコ動画」発起人。英語圏最大の匿名掲示板「4chan」管理人[3]。東京プラス代表取締役、未来検索ブラジル取締役。フランスパリ在住。

安倍総理の辞任について、
ひろゆきさんが自身のチャンネルにて持論を展開してくれました。

スポンサードリンク

今度の安倍総理の辞任は、1回目と違って病気だけが原因じゃない

今回の安部総理の辞任の裏には、様々な出来事がありました。

特に印象的なのは、今なお猛威を奮っているコロナウイルスでしょう。
東京では、連日100名を超える感染者が報告されています。

安倍総理はその対応として、

・アベノマスク
・10万円の定額給付金
・持続化給付金
・GoToトラベルキャンペーン

など、様々な施策で対応をとってきました。
しかし、健闘虚しく、コロナウイルスを抑え込むには至りませんでした。

その結果、GDPは戦後最悪の落ち込みを記録してしまいました。

経済に強いとされていた安部総理にとって、
この失態は、言い訳することのできないものだったことは想像に容易いでしょう。

その他にも、河合杏里氏の公職選挙法違反などもありました。
(安部総理の意向により、通常の何倍もの選挙資金が投入されたとされています)

1回目の辞任は完全に病気だけが原因だったようですが、
2回目の辞任に関しては、自身の失敗が大きく関係していると言えるでしょう。

2度目の辞任後、安倍総理は元気な様子がスクープされている。

そして気になる安倍総理の健康面についてですが、
辞任直前や、辞任後に元気にステーキを食べる姿がスクープされています。

安部総理の持病とされているのは、潰瘍性大腸炎という病気です。
この病気は悪化するとステーキなど食べるどころではないと言われています。

しかし、総理を辞任せざるを得なくなった前後にもスクープされているということで、
本当にその病気だけが原因で辞めたとは考えにくいのではないでしょうか。

今回の辞任は「辞めたくて辞めた」が濃厚

以上のことを踏まえると、

今回は病気だけが原因ではなく、色々な失態も重なったことで
総理大臣を辞めたくなって辞めたというのが濃厚といえるでしょう。

辞任の際に病気を理由にしたことで、
政権末期の批判を上手く避けたという見方もすることができます。

辞任の理由を考えると、
3度目の就任は、ほとんどありえない。と言っていいでしょう。

安倍総理の辞任。もう3度目の就任はなさそう。

安部総理の辞任についてでした。
様々な事情を考えると、3度目の就任はなさそうですね。

持病を抱えているのは、とても気の毒です。
しかし、それを盾に辞任するのはどうなのか?とも考えさせられました。

過去を振り返っていても、事態は好転しません。

政治については、これからの未来を見据えて、
本当に信頼できる政治家を見つけていくことが必要になっていくでしょう。

この記事で扱ったひろゆきさんのチャンネルでは、
時事問題を含め、様々な役立つ知識を学ぶことが出来ます。

元動画もぜひご覧ください!

この記事の内容は1:05:12~

コメント

タイトルとURLをコピーしました