起業に特別なスキルは必要ない!営業スキルだけあれば良い/ひろゆき

スポンサードリンク
この記事は約3分で読めます。
発信者
発信者

西村 博之(にしむら ひろゆき、1976年11月16日 – )は、日本実業家匿名掲示板2ちゃんねる」開設者かつ初代管理人、動画投稿サービス「ニコニコ動画」発起人。英語圏最大の匿名掲示板「4chan」管理人[3]。東京プラス代表取締役、未来検索ブラジル取締役。フランスパリ在住。

新型コロナの影響で失業者が6万人にのぼると予想されています。

【参考】新型コロナ影響の失業者全国で6万人超 実際はさらに多いか

失業者が一気に増えると、それに比例して求人の条件も悪くなっていきます
そうなると再就職しても生活が苦しい状態が続くかもしれません。

どうせ就職するのも難しいのだから、スキルはないけど起業してみようかな?

そう考える人に向けて、
ひろゆきさんが自身のチャンネルにて、起業に必要なスキルについて語ってくれました。

スポンサードリンク

起業して必要なスキルは『営業』だけ

起業して必要なスキルは営業だけ――

そう語る、ひろゆきさんのこの発言を深堀りしていきます。

起業したら、最初の仕事は『仕事をとってくる』こと

起業した人にとって、最初の仕事は『仕事をとってくる』ことです。
そしてこれが一番難しいと言われています。

なぜなら、会社の名刺がなくなった起業家というのは、
社会的に信頼がない、ただの人だからです。

ビジネスにおいて、知らない人を判断する材料というのは、
基本的に『会社名』しかありません。

同じ30代の男性だったとしても、

・トヨタなどの『大企業勤務』
・コンビニの『アルバイト』

この2つを比較したら、
圧倒的に大企業勤務の人の方が信頼できるように感じ人が多いのではないでしょうか。

起業家は、極論を言ってしまうと、どの企業にも所属していない無職のような存在です。
そんな状態で仕事を得ることは難しいと言えるでしょう。

だからこそ、起業して必要なスキルは『営業』だけとひろゆきさんは語ります。

特別なスキルが必要なら、フリーランスにやらせれば良い

仕事さえとってくることが出来たなら、
あとはその仕事を自分でこなすなり、人を雇ってやるなりすれば良いだけです。

Webサイトを作るのにプログラミングが必要であれば、
クラウドソーシングを使ってフリーランスを動かせば良いでしょう。

他にもアルバイトだけで回せる仕事というのも多く存在しています。

要は、起業する本人に営業力さえあれば、
あとの実務の面はなんとでもなるということです。

起業するなら営業スキルだけ磨こう

営業のスキルというのは、一生使えるスキルです。

さらに言うと、営業力で身につくコミュニケーションスキルは
ビジネスに限らずプライベートでも役に立つスキルなので、身につけておいた方がいいでしょう。

新型コロナの失業に限らず、今後は個人の力が大切になると言われています。

いつ会社の後ろ盾がなくなっても生きて行けるように、
日々、自分の営業力(コミュ力)を鍛えておくことは大切かもしれませんね。

この記事で扱ったひろゆきさんのチャンネルでは、
時事問題を含め、様々な役立つ知識を学ぶことが出来ます。

元動画もぜひご覧ください!

この記事の内容は46:42

コメント

タイトルとURLをコピーしました